高麗手指鍼で患者様の自己治癒力を引き出す 頚椎症・頚椎ヘルニア、腎炎・慢性腎臓病、難病治療までお任せ大阪・難波の鍼灸院

高麗手指鍼

ttl_image

高麗手指鍼について

高麗手指鍼とは?

韓国の柳泰佑(ユー・テーウ)先生(現高麗手指鍼療法学会会長)によって1975年に創案された全く新しい治療法です。韓国で利用している方は300万人とも言われるポピュラーな治療法です。

手掌・手背・手指に、全身の器官(臓器)と手、足、腰などそれぞれの部位の反射区(相応点と呼ぶ)を定め、さらに鍼灸の全身治療で使われる14の経絡の流れを手掌・手背・手指に投射し345の経穴(気穴と呼ばれるツボ)を定め両手の手首から先だけの施術で治療が完結するのが特徴です。

高麗手指鍼の特徴

従来の全身に施術する鍼灸治療に比べて高麗手指鍼治療は非常に身体に優しく少ない刺激量で大きな効果が期待できるのが特徴です。特に頚椎症・頚椎ヘルニアから来る痛みやシビレなどの症状の改善、慢性の内臓疾患や自己免疫疾患に伴う炎症の改善には非常に有効です。

「高麗手指鍼治療」 は鍼灸全身治療と複合することで頚椎症・頚椎ヘルニアから来る首肩の痛み、手の痺れなどの症状改善に抜群の効果を発揮します。内臓疾患では特に慢性腎炎、慢性腎不全などの腎臓疾患からくるクレアチニン値の改善に非常に有効です。

そのほかバセドー病・橋本病などの内分泌疾患、クローン病・潰瘍性大腸炎などの特定疾患、さらには腱鞘炎、古傷の痛みの改善、骨折の癒合促進などあらゆる疾患に効果を発揮します。慢性疾患、自己免疫疾患など難病にお悩みの方、古傷の痛みに悩まされている方、さまざまな治療を受けてきたが効果が今ひとつという方はぜひいちど高麗手指鍼治療をお試し下さい。


description_banner1
description_banner22_off
description_banner3

高麗手指鍼の治療法

五治処方と呼ばれる気脈(経絡)を整える刺鍼と、相応点と呼ばれるそれぞれの病変に対応した手指や手の平、手の甲のポイントに刺鍼や施灸をすることで刺激を与え、自己治癒力を引き出します

merit_ttl
  • point_icon服を抜かずに手だけで治療できます。
  • point_icon立って、寝て、座って、どんな体制でも治療できます。
  • point_iconどんな疾患も治療対象になります。

※治癒できるかは経過と状態によりますがあらゆる疾患において症状の改善が期待できます。

施術動画

高麗手指鍼治療動画 「診断編」

FT(フィンガーテスト)という診断方法を使っています。フィンガーテストについてはこちらをクリックして下さい。

高麗手指鍼治療動画 「刺針編」

少しチクッとしますがほとんど痛みは感じません。(※痛みの感じ方には個人差が有ります)