高麗手指鍼で患者様の自己治癒力を引き出す 頚椎症・頚椎ヘルニア、腎炎・慢性腎臓病、難病治療までお任せ大阪・難波の鍼灸院

高麗手指鍼

No,1 頚椎症

患者様データ

氏名:匿名希望 YM様  年齢:70代  性別:男性

 

◯来院のきっかけ

30年前、交通事故により頚椎捻挫、以後、手術の可否、神経ブロック、精神安定剤、中国針など考えられるあらゆる治療を試みてきましたが、年令を重ねるに従い、夕方になると首周辺を激痛が襲うようになりました。そんな折、たまたま家内がインターネットで当院を知り、今まで聞いたことのない方法による治療らしいからとにかく一度訪ねてみることにしました。

 

◯治療経過と現在の状態

治療を始めたのが平成24年の7月頃からで、もともと、その効果については半信半疑で大きな期待をしていたわけではありません。第1回の治療をした夕方、毎日のように襲われていた激痛が、全くと言っていいほど発症しないことに気付き、・・・まさかそんなことが・・・と俄には信じられず偶然その日の体調が良かったにすぎないのではと思っていました。

しかし、それから数日間、第2頸椎周辺におきる激痛から開放されている事実を発見し、改めてその効果に驚き感謝している次第です。その後、現在は2週に1回治療を継続していますが、ほぼ完璧に痛みは封じ込められているものと思っています。その他にも血圧のコントロール、内臓の調整等の体調管理や諸々の疾病についてもお願いしているところです。

 

◯同じ病名・症状の方にアドバイス

交通事故にかぎらず、頸椎異常でお悩みの方は、年を経るとともに症状が悪化する場合が考えられます。私のように30年間も諸々の治療を試した結果、偶然に行き着いたのが、まだ日本国内の何処にでも存在するという鍼灸院ではありませんが、劇的な効果が得られたことは幸いでした。しかもこの治療の利点は、手と指だけで一々着替える必要もなく、気楽に通院できることでしょう。

(原文のまま掲載しています)

 


 

☆優鍼堂院長のコメント

こちらは高麗手指鍼治療により30年来の苦しみから開放された患者様の症例です。

初診時は受傷からかなりの年数も経過しており年齢的な事も含めて少し時間がかかると思っていましたが初回治療後から劇的な改善がありました。初診から4~5回目の治療までは毎週来院頂きましたがその後は2週間に1回の治療間隔となり現在も治療継続いただいています。

平成26年1月現在では日常生活で首に痛みを感じることはほとんどなくなり、たまに換気扇の掃除などをした時に少し首が痛くなる程度だとお聞きしています。

患者様の声 一覧に戻る