高麗手指鍼で患者様の自己治癒力を引き出す 頚椎症・頚椎ヘルニア、腎炎・慢性腎臓病、難病治療までお任せ大阪・難波の鍼灸院

高麗手指鍼

ttl_image

治療について

治療方法について

基本は鍼とお灸で治療させていただきます。患者様の状態に合わせて鍼法・灸法を使い分けます。
ご希望に応じてマッサージもさせていただいております。

【鍼  法】

◆置 鍼(チシン)

ツボに一定時間鍼を刺しておきます。

◆単 刺(タンシ)

ツボに鍼を刺してすぐに抜きます。軽い刺激です。

◆電気鍼(デンキシン)

少し深く刺した鍼に微弱電流を流して筋肉を緩めます。 肩こり・腰痛に効果的です。

◆鍉 鍼(テイシン)

刺さない鍼です。皮膚に軽く接触して表面の気を整えます。
体の弱い方、子供に向いています。

◆灸頭鍼(キュウトウシン)

刺した鍼の頭にモグサをつけて燃やすことで輻射熱で暖めます。
鍼の効果に加えて灸の温熱効果が得られます。
ギックリ腰・五十肩などに効果的です。

◆電子針(デンシシン)

皮膚表面に器具でタッチしながら微弱電流を流していきます。
顔の筋肉を緩めるのに効果的です。
リンパの流れが良くなりリフトアップ効果があります。

◆顔の針

身体に打つより針より細く短い針で水平に顔に刺していきます。
顔の筋肉は薄いのでほとんど水平に刺すことで顔のコリを取ります。
電子針と併用すると効果が大きいです。

【灸  法】

◆知熱灸(チネツキュウ)

1ミリぐらいの細くひねったモグサを2~3ミリの長さにして体に載せて火をつけます。
全て燃やさず八分目ぐらい燃えたところで消すと八分灸、九分目で消すと九分灸といいます。
手前で消してしまうので熱は伝わりますがお灸の痕が残りません。
温まりかたが弱いときは少し熱の強いモグサで繰り返します。

◆臍灸(ヘソキュウ)

おヘソ~下腹部の上に器具を置いてお腹を温めます。
お灸が燃え尽きるまで約15分、ゆっくり温まります。
内臓の弱い方、冷え性の方に効果があります。

【経絡(けいらく)マッサージ】

経絡マッサージは「揉まない」「押さない」、不思議なマッサージです。
経絡(けいらく)というツボの流れに沿って筋肉や関節を「さする」ことで気の流れを整えてリンパの流れを改善します。
リンパの流れが整いますのでムクミが気になる方に最適です。首肩周り施術では小顔効果があります。

経絡(けいらく)マッサージについて

【高麗手指鍼治療】

手(手首から先のすべて)だけを使って治療する全く新しい治療法です。専用の針とお灸を使います。
慢性の内臓疾患や自己免疫疾患に有効です。他にも応用範囲が広い治療法です。

高麗手指鍼治療について

治療の流れ

  • point_icon問診表の記入(初診時のみ) (鍼灸治療・高麗手指鍼治療)
  • point_iconブースに入って着替え(鍼灸治療のみ)
  • point_icon診察・問診(鍼灸治療・高麗手指鍼治療)
  • point_icon仰向き治療(鍼灸治療)
  • point_icon状態確認・調整(鍼灸治療・高麗手指鍼治療)
  • point_icon着替えて終了(鍼灸治療)

※治療時間の目安・・・約60分(鍼灸全身治療の場合)
* その日の一番ツライ部分から治療させていただきますので仰向け・うつ伏せはそのときよって変わります。

* 症状・状態によってもっとも楽な形で施術させていただきますのでご要望は何でもおっしゃってください。

* 問診表に記入いただきました個人情報の保護については守秘義務に基づいて万全を期しておりますので安心して受診してください。

治療時間

約1時間~1時間30分です。

当院では、脉診(手の脈を診ます)・腹診(お腹の張りや硬さを見ます)を中心にいろいろな方法で患者様の身体の状態を判断していきます。

加えて初診の方には問診表の記入もお願いします。
初診の場合は約1時間30分とお考えください。

また、「美容小顔メニュー(美容鍼)」「経絡(けいらく)マッサージ」「高麗手指鍼治療」などを併用された場合は治療時間が長くなります。
詳しくは電話・メールにてご確認下さい。

治療時の服装(鍼灸治療)

症状に応じて変わりますが、下半身は膝下まで出れば大丈夫です。
細めのジーンズなどはご遠慮ください。

腰痛、膝痛など下半身に症状のある方は短パン・ジャージなどの着替えをご用意しておりますので着替えをお願いすることがあります。

上半身では背中は必ず刺鍼、施灸させていただくことになります。
肩こりなどの場合は首から肩にかけても刺鍼、施灸させていただきます。
男性の場合、上半身は裸、女性の場合は下着のみもしくはタンクトップ・キャミソールなどの着替えをお願いします。

使用する鍼・モグサについて

院では針を患者様お一人につき個別のケースで番号をつけて個人専用として大切に保管させていただいています。

針の混入を防止するために毎回の治療前に治療ブース内でのみケースを開けて消毒し、治療後は速やかに消毒してケースを閉じ必ずケースが閉じた状態で院内を移動します。
こうすることで感染の危険は限りなくゼロになります。

また傷んだ針は廃棄して新しい針をドンドン補充していきます。
初診時の鍼代以外はいただきません。
3ヶ月は鍼を保管しておきますのでしばらく治療期間をあけていただいても安心して来院ください。
3ヶ月以上治療期間が開いた場合に限り、新たに再診として治療費とは別に鍼代をいただきます。
後は同様に3ヶ月は鍼をケースで保管させていただきます。

艾(これでモグサと読みます)については知熱灸・透熱灸用の高級艾を使用しております。
非常に柔らかい熱の伝わり方が優しい艾です。
灸頭鍼には熱量の多い灸頭鍼用の艾を使います。
輻射熱で温めるので熱量が多くないと温まりません。

鍼・艾はいずれも国内の専門のメーカー及び取り扱い業者から仕入れております。
また鍼皿・鍼管(鍼を打つときに使う道具)など繰り返し使用する物は超音波洗浄をして高圧蒸気滅菌器で滅菌処理を施した後に紫外線保管庫で保管します。
加えてベッド・マクラにはディスポシーツ(紙製の使い捨てシーツ)を使用して患者さんごとに取り替えますので安心して治療を受けてください。

治療前後の注意点

☆鍼灸治療は基本的に副作用などはありませんが治療後は循環が良くなり副交感神経優位となり眠くなることがあります。
そのため治療後2時間は次のことはできるだけ避けてください。

◆車の運転 ◆急激な運動 ◆大量の飲酒 ◆入浴(サウナなど)

治療当日は食事・入浴は軽めに済ませて早めの就寝をお勧めします。
治療の効果がさらに高まります。

★次のような方は施術できませんのでご了承ください。

◆高熱が出ている方 ◆飲酒されている方